中性脂肪を下げるサプリランキング完全網羅

 

中性脂肪が高いまま放置すると危険!

 

血液中の中性脂肪が多いと数多くの健康上の危険にさらされることになります。動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、肝炎などが挙げられます。

 

アテローム性動脈硬化

 

最も大きな問題になるのは、血液中の善玉コレステロール値を下げ、悪玉コレステロールを増やし、動脈内の脂肪性が沈殿物となって沈積する要因となることです。これをアテローム性動脈硬化と呼びます。アテロームとは脂肪性の粥状沈着物のことです。

 

血管内に、このようなアテロームが沈積すると血管の内径が狭くなり、血管が詰まってしまいます。血管が傷みやすくなり、ダメージを受けても、血管の補修が妨げられてその強度が落ちていきます。

 

心筋梗塞

 

心筋梗塞と心臓発作は医学上ほぼ同じ意味を持ちます。心筋梗塞の「心筋」とは心臓の筋肉を表し、「梗塞」とは、その心臓の筋肉への血行が悪くなり、筋肉組織が壊死状態に陥ることを指しています。

 

心臓に栄養を与えている重要な血管が血管閉塞を起こし、詰まってしまうと心臓の筋肉は梗塞状態、つまり壊死を起こし最終的には心臓は止まってしまいます。つまり恐ろしい心臓発作です。

 

脳卒中

 

脳卒中の原因は、動脈の閉塞による酸素欠乏です。脳への酸素供給がたとえ数秒でも絶たれると、神経細胞の機能は損なわれ、数分になると脳細胞は死に始めます。

 

これは虚血と呼ばれる状態で、脳細胞はさらに大きなダメージを受けます。血管が破裂して脳卒中を引き起こすこともあります。体の自由が効かなくなったり、重い言語障害などの後遺障が残ることがあります。

 

中性脂肪を下げるならサプリが効果的!

 

健康診断で血液中の中性脂肪値がかなり高い値を示していると指摘されました。

 

運動不足や外食の多い食事が原因であることは、大体わかっています。それで、少しずつ運動をしたり、脂っこいものを食べないようにしていますが、なかなか中性脂肪値が変動しません。

 

そのような悩みを抱えている人に、最近では中性脂肪を下げるサプリが販売されています。

 

DHAとEPAが配合されたサプリメント

 

DHAとはドコサヘキサエン酸の略で、以前から頭に良い栄養素として注目されていました。子どもたちの言語発達、記憶能力の発達に良いことがわかっていましたが、中高年の肥満対策や血中中性脂肪値を下げる効果があることもわかっています。

 

EPAはエイコサペンタエン酸の略で、血管中の血栓を防ぐ効果があり、血液をサラサラし、動脈効果の防止が期待されます。

 

魚に多く含まれるDHA

 

不飽和脂肪酸の一種であるDHAとEPAは冷やしても液体のままで、ラードのように固まることはありません。言い換えれば、体に蓄積することができないので、毎日でも摂取する必要があります。DHAを体で合成することができないので、外部から摂り入れる必要があります。

 

1日あたりの必要摂取量は1g程度といわれていますが、DHAとEPAはイワシ、サケ、マスなどの魚に多く含まれています。魚好きな人でも、毎日魚を食べるというのは実際には難しいのではないでしょうか。

 

そこで、サプリメントで不足しがちなDHAとEPAを補うと、効率良く中性脂肪対策を行うことができるというわけです。

 

更新履歴